メンズ カリカリ梅

カリカリ梅

子供を学校に送り出してから、NHKのあさイチを何となく見ているのがもう、

数年の日課のようになっています。

昨日は梅の特集でした。

梅の効用、すごいです。私は酸っぱいしょっぱい梅が食べられなくて、南高梅ばかりでしたが、

やはりぶるりと震えるくらい酸っぱい梅がいいそうですね〜。

今日の特集で紹介されたお醤油がわりに使える「いり酒」が白身の魚と相性抜群とか。

やってみたいと思いました。

祖母は梅ジュースを毎夏作ってくれて、子供の頃から夏バテ知らず。

お腹も壊したことがなかったことを思い出しました。

北海道は梅の仕事が関東より1ヶ月遅れでした。

ちょうど、夏休みに帰省中、梅拾いをさせられ、それから仕込んでおりましたので。

昔から「梅は三毒を断ち、その日の難を逃れる」といい、

朝夕に梅干しを1個食べれば健康を保てるといわれてきました。

日本に現存する最古の医学書である平安中期の「医心方(いしんぼう)」で、

「梅干し」の効用が取り上げられています。

鎌倉時代以降、実の多くは梅干しとして食用にされ、

戦国時代は薬効のある携帯食としても重宝したようです。

江戸時代には、庶民の食卓にも登場するようになりました。

青梅は種に有害な成分が含まれているので、生では食べられず、梅酒などにします。

梅干しや煮梅などを作るなら、熟した実を使います。
(暮らし歳時記より)

もう、いいことづくめですね。

梅の仕事が始まるちょっと前の時期に家人の高校友人より

カリカリ梅をいただきました。なんと2人の男性お手製です。

仕込んでいる姿を思うと有り難さが増します。

食感がいいです。爽やか。ぶるりとくる酸っぱさあり。これでこの夏、凌ぎます。

見かけもなんとなく可愛らしいの。つるんとして。

大事に大事にいただいております。

いいね!してもらえると励みになります



Sponsored link

ブログランキング参加しています。
クリックご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ